TOP

HERBIE YAMAGUCHI

ⓒHERBIE YAMAGUCHI

よりよい世界へ、よりよい写真とともに

現代の殺伐とした先の読めない世相の中にあって、 写真は世界の存続と価値創造にどのような役割を果たすことができるのでしょう。 世の中にあふれる写真表現のなかで、自己の内面の表現にとどまらず社会との関係性に視線を向ける優れた写真活動があるなら、 私たちはその写真活動が埋もれることなく人々の目に届くよう注意深く見守っている必要があります。

写真もまた無指向性に拡散し写真世界の中心がどこにあるのか見えなくなっているような感があります。私たちは写真が芸術文化としての価値を保てているのか、価値を失いはしないかという点についても、いつも危機感を持って眺めていなくてはなりません。

Gallery TANTOTEMPOでは、関わりの深い写真家であるハービー・山口氏とともに構想をあたため、氏が常々語っておられる「人を慈しむ写真」「見た者が優しい気持ちになる写真」「笑顔が伝搬する写真」を集め写真展が開催できないか模索して参りました。そして、上記のような考え方に東西/国際交流、銀塩写真文化の保存、社会貢献という考えを加え、写真のグループ展を企画、実施する運びとなりました。

ハービー・山口氏と若き写真家たちが綴る優しい写真。Heartful Monochrome。

この枠組みをぜひお楽しみに。